メインイメージ画像

コンタクトレンズの選び方はその人のライフスタイル次第です

コンタクトレンズの選び方においては、まず、ライフスタイルから考えると良いかと思います。例えば、毎日、1日中パソコンに向かうような仕事をしている場合、ドライアイになりやすい環境になっています。そんな人が、酸素不足を起こしやすいソフトコンタクトレンズを使用する事で、一段とドライアイになりやすい状態になると言った可能性が高くなってきてしまいます。その為、目への負担を考慮した場合、ソフトコンタクトレンズではなく、酸素不足を起こしにくいハードコンタクトレンズの選び方が正しい選択だと言う事が言えるのです。

しかし、ハードコンタクトレンズの場合、落ちやすいと言ったデメリットがあります。その為、スポーツをする人にとっては、不向きなコンタクトレンズだと言う事が言えるのです。そのような事から、スポーツを行う人の場合、ソフトコンタクトレンズを選ぶ方が、よりスポーツに集中する事ができると言う事が言えると思います。もし、これらを併用して行っているような人の場合の選び方としては、その場に適した選び方もおすすめです。

日ごろ、仕事をしている時はハードコンタクトレンズを使用し、休日、スポーツする場合のみソフトコンタクトレンズを使用すると言った感じの選び方も可能だと思います。また、ソフトコンタクトレンズの場合、主流は使い捨てコンタクトレンズになっています。この中でも1日タイプの使い捨てコンタクトレンズか2週間タイプの使い捨てコンタクトレンズかを選ぶ必要があり、この選び方も使用する人によって異なってくるかと思います。1日タイプの使い捨てコンタクトレンズの場合、毎日、使い捨てで使用する事ができ、洗浄などを一切する必要がありません。

その為、非常に便利なのですが、その分、コストは必要になってきます。それに比べるとコストを軽減させる事ができるのが、2週間タイプの使い捨てコンタクトレンズになってきます。このように、コンタクトレンズの選び方としては、人それぞれになっており、その中で自分にあったコンタクトレンズを選ぶ事が大切になってきます。